面接の対策には、色々なことが考えられます。会社によっては、自己紹介や簡単な質問で済むこともあります。企業の製品についてなどの特殊な話題までいろいろあり難しいものです。面接の対策の中で十分に準備が必要なものとしては、圧迫面接を受けた場合の応対があります。担当者が無体な質問をしてきたり、高圧的な態度に出る面接が圧迫面接です。

答えにくい質問を重ねて聞くことによってプレッシャーを与え、相手の反応を見るという手法を取るのです。圧迫面接は理不尽なイメージを抱く方も少なくないようですが、ちょっとしたストレスに堪えられない人物だと会社は都合が悪いわけです。企業側としては、いかに精神面でもタフであるかを確認するために行うものです。試験管を何人も置き、1人を取り囲むという形が圧迫面接では一般的です。

圧迫面接については前もって対策をしておかないと、本当に黙り込み中には泣いてしまう女性もいるそうです。あらかじめ面接の状況をイメージし、質問に対する答え用意しておくことが面接対策になります。ハローワークや人材あっせん会社などは、求人情報の紹介だけでなく、面接に役立つ対策やアドバイス、面接シミュレーションなどか受けられるところもあります。

関連ページ