住宅ローン借り換えのシュミレーション結果は?

住宅ローン借り換えの諸費用などを計算するにあたって、自分でひとつひとつ計算していくのはとても大変かと思います。そのような時には、金融機関のホームページなどにある借り換えシュミレーションを利用して、いろいろな諸費用の試算を出してみると簡単に結果が出ます。ただこのときに注意して欲しいのができるだけ具体的に正しい金利や諸費用を入力することです。試算できるものはたくさんありますので、いろいろな試算が出来るソフトを探し出せるといいでしょう。現在借りている住宅ローン金利、借り換えようと思っている銀行の金利、そして新たに必要となる諸費用、これらが具体的にわからなければ借り換えを正しく判断することはできません。もちろんまずは住宅ローン借り換えについてのシュミレーションが出来ればいいかと思いますので、自分の年収でいくらくらいの物件が購入できるのか、ということを見るだけでもいいのではないかと思います。それだけではなく、もちろん諸費用がかかってくるということを頭において、借り換えの検討をすることが大事なのです。
フラット35の保証料はなぜ無料?保証人が必要?【諸費用のメリット】