住宅ローンの繰り上げ返済は早ければ早いほど効果が高い?

住宅ローンは、完済するまでは家計にとってかなりな負担となります。
最近の経済動向によっては、思わぬリストラもあるかもしれません。
病気やケガをする可能性もあります。
そのようなリスクを抱えながら少しでもローンの負担を軽減するには、繰り上げ返済が効果的です。
特に60歳の定年前までにローンを完済できるように、計画的に返済することが大切です。
繰り上げ返済が最も効果的なのは、住宅ローンを借り入れてから早めにまとまった金額を返済することです。
早ければ早いほど繰り上げの効果が発揮され、返済期間を短くすることができます。
遅くてもそれなりの効果はありますが、利息軽減効果は減少してきます。
ただし繰り上げ返済で注意したいのは、住宅ローン控除を受けている場合です。
この控除というのは、年末時点のローン残高が対象となるので、12月のボーナスで返済すると残高が減少し、控除額も少なくなってしまうのです。
そのような場合は一ヶ月待ってから返済するようにしてください。
自営業・経営者の住宅ローン研究!審査のポイントは?【おすすめは?】