国民健康保険と年末調整の関係とは

国民健康保険料を支払っていると年末調整で控除申告の手続きをするようになります。
■「年末調整」や「確定申告」の時に社会保険料の控除手続きをする時は、国民健康保険料の納付済み分も対象となります。
その年の1月1日~12月31日までに納付した保険料の金額を所得合計金額から差し引いて申告することが出来ます。
※(確認):「年末調整」や「確定申告」をする時に、国民健康保険料の領収書などを添付する必要はありません。
※納付書で払っている人は、「手元にある領収書の日付」を確認してください。
※該当期間に納付した合計金額を計算してください。
※それから計算した金額を申告用紙へ記入します。
※申告書へ「納付証明」や「領収書」の添付は必要ないです。
この場合は、納付済金額は、世帯主宛に郵送されます。
毎年1月下旬になると前年の1月~12月に納付した分の金額を知らせてくれます。
郵送される前に納付済金額が知りたい人とか、領収書を保管していなかった為に金額の確認が出来ない人の場合、納付済額のおしらせを発行してもらうことが可能です。
申告書へ納付額のおしらせの添付はしません。
なお、国民健康保険料については、世帯主が納税者となっています。
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】